ろりえ第12回公演『ミセスダイヤモンド』稽古場日記





ここは下北の駅の前!(山本周平)
2018.12.17 Monday


ブログを見てくださっているみなさま、はじめまして。

森崎さんから紹介いただきました、山本周平です。


今日!ついに!駅前劇場に入りました!

各スタッフさんのお力でとんでもない空間になってます…。

プロの犯行とはこのことか…!

どんどんやりたいことが形になっていく…感動です。



お芝居はおままごとの延長だと、

ある人に言われたことがあります。


ここをキッチンにしよう。

お父さんは疲れて帰ってくるから、美味しいご飯を作っていよう。


子どもながらに思い付く限りの設定を持ち込んで、お父さんやお母さんの日常を想像して真似していた時間は確かに豊かでした。

本物の包丁は使えないけど、定規が僕らの包丁で。

車は運転できないけど、ブーンっといえばそこには確かに車がありました。



ソフトボールを駅前劇場でやる!

スポーツとは無縁の劇場に、

このお芝居に関わるすべての人たちの想像力をフル活用して、グラウンドを作りあげる、

さいっこうのおままごとです。

こんなロマンなかなかないです。


劇場いっぱいを想像力で埋め尽くしてお待ちしています!



そして恒例の、役者紹介!

ついにこの方の登場です。



ろりえ主宰、奥山雄太さんです!

可愛いえがお。

にこやかな顔をして、怖いくらい人のことをよく見ています。笑


僕はもともとろりえのファンでした。

お話の面白さは言わずもがな、

でている役者さんたちが生き生き演じていたからです。

その理由は関わってみてわかりました。

役者ひとりひとりのいいところも、だらしないところも、区別なく面白がってくれるんです。

愛に溢れてます。

舞台上で丸裸になればなるほど自然と面白くなっていく。

この感覚は奥山さんの脚本ならではかもしれません。


でもやっぱり怖いですけどね!

見抜かれるのはね!笑


というわけで、

明日のブログは、

人を丸裸にするのが大好きな、

奥山さんです!


ブログリレー、ラストです!

よろしくお願いします!


ぜひぜひみなさま駅前劇場へ!





- comments(0)-




COMMENTS












admin
design by ロビンソン